• 2019.3.10
  • 【にんぎょ】24日目 ラパヌイ・ライフ(滑走路をながめたり、アナカイタンガタに行ったり・・・) はコメントを受け付けていません

【にんぎょ】24日目 ラパヌイ・ライフ(滑走路をながめたり、アナカイタンガタに行ったり・・・)

今日は、ラパヌイをたのしめる最後の日!
でも、なんとなく宿が心地いいので宿でのんびりしようかと
話をしていたのですが・・・

あの、ラパヌイのマタヴェリ空港の滑走路がきになり、
妄想で、自分の上空を飛行機がとんでいく妄想をしてしまい、
飛行機をみにいきたくなりました。

そこで、
滑走路を飛ぶ時間を調べてみると、今日はこの時間帯らしい。

12時44分・11時40分・14時50分
この時間に、飛行機が飛ぶらしい。

なので、滑走路をながめにいくことにしました。

わーい、白い機体がとまってる。
ラン航空のマークがないので、貨物かな?とみまがう。
どうやら、貨物ではなく機体の塗装をこれからするんだろうな。
きっと、ボーイング777。古い機体。
お尻向けても、飛行機って素敵。

このラパヌイっていう土地に、
いちばん似つかわしくない。

でも、喜びやワクワクの数がハンパない、
一番ラパヌイに似合う、なんとも不思議な物体。
さあ、私たちのまえを元気いっぱいにとおりすぎてーーのーー・・・
レッツ!フライアウェーイ♡ヾ(≧▽≦)ノ
ああ、飛行機が大好きだー。

なんて素晴らしいんだろう。
飛び立つ瞬間をみると、胸の奥がじゅわーってする。
そして、滑走路を見下ろす側から、
こんどは、海側にまわって着陸をまつ。

途中に、海軍?なんだろ?マリンなんとかってかいてあるけど・・・
そこで、私と同じ背丈くらいのちっさいモアイ発見、うれしいなー!
さあ、急いで!
飛行機が来ちゃう!!!

そわそわ・・・・

波、ざっぱーん。
飛行機まだかなー・・・

波、ざざーん。

・・・ざざーん。
飛行機来ないなあ〜・・・

ざざーん!

波、どどーーーーん!!
ざぱーん・・・・

ざざーん・・・・


飛行機・・・こない。
ちぇーーーーーーーーーーーーーーーー。

あきらめた。残念!
しゃーない。

気持ちを切り替えて、去年崩れかけてしまった
アナカイタンガタへ。

壁画が、無事でありますように。
あったー!無事だったーヾ(≧▽≦)ノ

左下の方のはなくなっちゃってるけど、
上の方のはくずれていなかった。
この場所は、波がたかくて、力強くて。

その波と向かい合うように描かれた壁画をみると、
たしかに古のラパヌイ人が何かをのこそうとしたんだなと。

過去と現在と今が、一点につながって。
なんだかよくわからないけど、涙がでてくる。

ずーっとみていたくなる。
だから、すっとその場を立ち去った。
この壁画、吸い込まれるように
ずーっとみていたくなる。

離れるのが、なんともものがなしくなるので、
だから、淡々すっとその場を立ち去った。
そして、洞窟から上に上がる階段をあがっていると、
飛行機が轟音を立てて飛び立った!!!


うわああああ!!感動したーーーっヾ(≧▽≦)ノ
すべてうまくできているんだなあ〜〜
そうそう、ここが借りているロッジ!
見晴らしが良くて、気持ちがいい場所でした。

(にんぎょ余談:そしてですね、ちょっと嬉しいことがw ハンガロアのスーパーで、男の子に声かけられちゃった。うひひー!しかも、いい言葉をいっぱいいってくれたもんだから、素直にうれしかった。ドレス褒めてくれたり、照れちゃう言葉とか、こっぱずかしいセリフでどストレートにくるんだなー!しかもグーグル翻訳で意思疎通をはかろうとする。

そのなかで、bella(ベラ)って、グーグル翻訳で一生懸命なんどもいれてくれていて。でも、日本語に変換されなくて、言葉がつうじなくて、お話ししておわり。いやー、ここは南米なんだなーって、実感。やっぱり女性だから、魅力がふっとあがる言葉に出会って、ふつーに嬉しかったので、こちらに残しとこ。で、その後、自分で調べてみると、bellaってこんな意味があったんだなーと。スペイン語には、女性を褒める言葉がいっぱいあるなーって思う。

そして。「日本の女性は、外国人にすっごくイージー」って、海外の男性からは捉えられていることのほうがおおい。たいがいイエスで、その後アバンチュール&トラブル。普段からノーの言えない日本人女性には、アバンチュールはおすすめしない。イエス・ノーが普段から言えるならいいけど。
わたしはこういったシチュエーションで、いい言葉を笑顔でいただき栄養剤にするのが好みです。)

にんぎょちゃん、なんて幸せなんでしょう。
紅茶がおいしくてよ。
今日はさらにごきげんさんで、浮かれポンチです。うひひ。
にんぎょにんぎょ
愛と自由を肌感覚で生きてます。海に浸かると安心します。

関連記事

ページ上部へ戻る