【ケンシロウ】24日目、キューバ(ハバナ)

朝食は最上階のレストランですが、エレベーターの中でブルガリアから来たというカップルと少し話しました。キューバまで10時間のフライトで大変だったらしいです。今日は適当にプールで人魚ちゃんと合流することになっています。朝食後、1人で海岸を散歩。仔犬を連れたおっちゃんがいました。あまりにも可愛かったのでパシャッ。おっちゃんは仔犬に水を飲ませるために空き缶の底を切り取って水を入れましたが、残りの缶は海にポイッと捨ててしまいました。ごく自然に、当然のように。発展途上というのは、人の心のことなんだと思いました。

暫く海を眺め、ホテルに戻るすがら。現地人が声を掛けてきました。この国は本当に誰でも気軽に話しかけてきます。その内容は「チャイナ?」「違う、ジャパニーズ!」「オー、ジャパン!ベースボール、イチロー、松坂!」「おーいえー」「シガー、葉巻、コヒバ、安く売ってるよ」断ると「ペットボトルの水を1本おごってくれ、1クック」と言います。厚かましい。断ってホテルに戻りました。

プールに人魚ちゃんがいたので、並んでカウチに寝ていましたが日差しが熱く、昨日の日焼けがジリジリと痛くなってきたのでお先に部屋に戻り、ひたすらKindleで「新・平家物語」を読みました。全16巻なので、まだまだ先は長いです。今日も人魚ちゃんはサルサ教室です。

人魚ちゃんがホテルに戻り、シャワーを浴びてからホテルの最上階レストランでロブスターを食べました。キューバのロブスターはプリップリ、美味しかったです。お腹いっぱいで本日は終了。

アバターケンシロウ
京都市在住の投資家。爪切りを持ち歩いています。

関連記事

ページ上部へ戻る